Google広告の始め方をわかりやすく解説!新機能スマートアシストキャンペーンとは?

敷居が高いと思われがちなGoogle広告出稿。
思ってる以上に簡単です。
今回は、新機能「スマートアシストキャンペーン」による運用を画面キャプチャ付きで解説したいと思います。

Google広告とは?

Googleが提供しているオンライン広告サービスです。
旧Google Adwordsが、2018年7月24日よりGoogle広告に名称変更しました。
広告は大きく分けて以下の3種類があります。

リスティング広告

Google検索した時、一番上もしくは一番下に出てくるテキスト広告です。
出稿すれば一気にSEO上位サイト達より目立つ。

ディスプレイ広告

バナー広告です。
何故か自分が過去に見てたサイトやら関連性ありそうなサービスのバナーが勝手に出てくるアレです。

YouTube広告

YouTube動画内や検索結果に出てくる広告です。

Google広告出稿の手順

Google広告の登録画面に、メールアドレスを入力します。
※GmailアドレスじゃなくてもOK。

 

入力したメールアドレスのGoogleアカウントを作成(登録していない場合)します。

 

メールアドレスや電話番号の本人確認、生年月日や性別を言われるがままに入力。
最後にプライバシーポリシーと利用規約に同意したら完了。
早速、広告作成しましょう。

 

今回はWebサイトへのアクセス増加を目的とします。

 

宣伝するサイトのURLを指定。

 

ターゲットとするユーザーの所在地を指定。
とりあえず全日本に。

 

商品やサービスを指定します。
まずはお客様の業種にて宣伝するサイトの①業種を指定した後、この広告で宣伝する②商品やサービスを10個決めます。
ここでのキーワード指定によって、ユーザーがどんなワードで検索した時に広告が出現するかが決まります。
しかし後から変更する事も出来るので、まずはそのままGoogleに頼って③おすすめを選択していくのも良いでしょう。

 

広告に表示される見出しと説明文を入力します。
ユーザーにどんなWebサイトか伝わるようわかりやすく記載しましょう。
ただしこれも後からいくらでも変更する事も出来るので大丈夫。

 

1日の平均予算を設定します。
×30日=ひと月の上限予算です。この上限予算を超えて請求される事はないので安心。

 

全ての入力が終わり、キャンペーンの確認です。

 

お支払い情報を確認しましょう。

 

設定完了!これでリスティング広告が配信されます。

 

ディスプレイ広告を出すには、画像からバナーやロゴをアップします。

 

スマートアシストキャンペーンにて運用

スマートアシストキャンペーンとは、初期設定だけ済めばあとはGoogleがいい感じに検索フレーズをリストアップしていってくれるというシステムです。
商品やサービスで指定したワードを元に、検索フレーズを決めていってくれます。

 

検索フレーズは管理可能で、ステータスをオフにする事でキーワードを非表示にする事も可能です。

 

最後に

せっかく正しく設定しても、インプレッションもされず何日経っても表示回数0のままという時。
その場合、検索フレーズに対して予算が低すぎる事が考えられます。
予算を上げるか商品やサービスを変更するか、どちらかが必要です。
スマートアシストキャンペーンは全自動でとても便利ですが、最初のうちは特に少しずつ手直ししながら運用していくのが良いでしょう。