「プライドポテト芋まるごと」アレンジレシピやってみた

素材の味が楽しめると話題の「湖池屋プライドポテト芋まるごと」

コイケヤ公式ツイッターに投稿されていた、

  1. 芋まるごと×岩塩×ごま油
  2. 芋まるごと×塩昆布
  3. 芋まるごと×コンビーフ×マヨネーズ×ラー油
  4. 芋まるごと×きなこ×黒蜜
  5. 芋まるごと×粉チーズ×はちみつ

アレンジレシピ5種類やってみました。

湖池屋プライドポテト芋まるごととは?

湖池屋の
プライドをかけた一品。
創業当時の想いを込めて、
まるで料理を作るように。

「新プライドポテト製法」で、また一歩、
理想のおいしさに近づきました。

老舗・湖池屋のプライドをかけた
本当においしいポテトチップスです。

引用 : https://koikeya-pridepotato.jp/

湖池屋が品質にこだわって作った、フライドポテトならぬプライドポテト
国産じゃがいもの中でも特に旨味の濃い物のみを厳選し、独自の製法で素材本来の風味を閉じ込める事に成功した商品。

フレーバーは「神のり塩」「感激うす塩味」「衝撃のコンソメ」「芋まるごと」の4種類。

中でも「芋まるごと」は食塩を使わず、味付けは昆布の自然な旨味のみ。
じゃがいも本来の味を楽しめるポテトチップスという事で、話題を呼んでいます。

まずはそのまま食べてみる

袋から出してみました。
ところどころ焦げがあったりと、揚げてる感が強いですね。

普通のポテチよりさらに油っぽいような気も?

そして、食べてみた感想。

甘い!!

塩味がない分、じゃがいも本来の甘味がMAX強調されている感じ。
その後、昆布の風味がほんのり広がっていきます。

薄味が好きな方、塩分を控えたい方にはおすすめですね。
逆に、濃い味が好きな人にとっては明らかに物足りないでしょう。

①芋まるごと×岩塩×ごま油

まずは「芋まるごと×岩塩×ごま油」を試してみます。

お皿に注いだごま油をつけて食べます。

あっ、うまい。普通に美味しい。

アレンジなしで食べた時の物足りなかった感が満たされた感じ。
やっぱりポテチはしょっぱくないとw

岩塩のみで食べても十分美味しいんですが、ごま油をつける事でさらに香ばしい風味になります。

②芋まるごと×塩昆布

2番目は「芋まるごと×塩昆布」
袋の中にふじっ子の塩昆布を入れて、シャカシャカ。

チップスに塩昆布が適量乗った状態で、食べてみます。

これは抜群の相性。
売ってるポテチの味がします。

元々の昆布風味と相まってかなり良い感じ。
塩昆布は、岩塩とはまた違って、少し甘味のある優しいしょっぱさになりました。

③芋まるごと×コンビーフ×マヨネーズ×ラー油

続いて「芋まるごと×コンビーフ×マヨネーズ×ラー油」

コンビーフを乗せて食べてみます。

これもおいしい。完全にビールのおつまみです。

多分今回のアレンジ5種類の中で、ビール好きのおっさん人気はこれがナンバーワンじゃないでしょうかw

ただ、どちらかというとポテチよりコンビーフを食べてる感じの方が強いです(笑)

④芋まるごと×きなこ×黒蜜

お次が「芋まるごと×きなこ×黒蜜」
袋の中にきなこを入れてシャカシャカ→黒蜜をかけて完成。

黒蜜をたっぷりつけていただきます。

カリカリした信玄餅って感じで、これも美味しい。

普通こういう系の味だと、中がもっちりしている物がほとんどですが、この食感はある意味新鮮。

上にバニラアイスとか乗せてみてもおいしそうですね。

⑤芋まるごと×粉チーズ×はちみつ

最後に「芋まるごと×粉チーズ×はちみつ」
袋の中に粉チーズを入れてシャカシャカ→はちみつをかけて完成です。

見るからにうまそうだ。

食べてみた感想は、めっちゃうまいけどめっちゃ重い(笑)

完全胃もたれするやつですねw

味はスイーツみたいでおいしいんですけどね。

まとめ

今回チャレンジした芋まるごとアレンジ5種類。

  1. 芋まるごと×岩塩×ごま油
  2. 芋まるごと×塩昆布
  3. 芋まるごと×コンビーフ×マヨネーズ×ラー油
  4. 芋まるごと×きなこ×黒蜜
  5. 芋まるごと×粉チーズ×はちみつ

この中で筆者が1番おいしいと思ったのは、

①芋まるごと×岩塩×ごま油の、ごま油なし!

そう、シンプルな塩味が1番うまかったですw

もちろん他のアレンジも全部おいしかったんですけどね。
やはり、おっさんにはちょっと重たかったですね(笑)

ただこの「芋まるごとアレンジ」、家族でワイワイ楽しめるので結構おすすめです。
皆さんも是非、試してみてはいかがでしょうか。