1歳娘を連れて春の代々木公園を散歩してきた

休日に1歳8ヶ月の娘を連れて、代々木公園に遊びに行ってきました!

少し散歩してきた程度でしたが、だいぶ楽しんでくれました。

代々木公園とは

昭和42年10月、東京オリンピック選手村跡地に代々木公園が誕生しました(全園開園は昭和46年4月)。
園内は約1/3が樹木に覆われており、お隣、明治神宮の森と合わせて東京ドーム約27個分に匹敵する森がそこにあります。
東京の森づくりに励もうと、代々木公園はその第一歩として生まれました。
当時、モータリゼーションにより都市の公害問題が世論の高まりをみせていた時代。人々は自然環境の保全や公園緑地の確保に関心を向けていました。
そんな時代に東京で初めて「森林公園」と銘うったことに、当時の社会情勢の動向をみる気がします。

引用 : https://www.tokyo-park.or.jp/special/yoyogi/

代々木公園って東京オリンピック選手村の跡地だったのか!知らなかった。

あとこれは現地に到着してから分かったんですが、

代々木公園には子供が遊べるような遊具はありません。

これを読んだ皆さんは気をつけて下さい(笑)

代々木公園の駐車場について

名称代々木公園駐車場
住所渋谷区代々木神園町2-1
営業時間24時間営業
利用料金普通車 1時間まで600円 / 以後30分毎に300円
駐車台数65台(うち身障者用4台)

正式な駐車場?は、この隣接した代々木公園駐車場だけっぽいです。

ちなみに筆者は日曜日の午後1時半頃に到着したのですが、駐車場待ちの車が100mくらい並んでいました(笑)
待つ事30分ほど。午後2時頃にやっと駐車出来ました。

代々木公園到着

代々木公園に到着!
3月下旬でしたが、既に桜は七分咲きくらいでしたね。

こちらはドッグラン。
大型犬用の広場と小型犬用の広場が2つ。

たくさんのお花見客。
野外だから安心なのか(?)コロナの自粛ムードは一切ありませんでしたw

ただ皆さんマナー良く、大人数でどんちゃん騒ぎしてるような連中は皆無。

中央広場はアクティブに遊べるスペース。
あっちこっちでボールやバトミントンの羽が飛び交っていました。

さすがに1歳だとまだちょっと危なそうだったので、中に入るのは断念(笑)
平日ならもうちょっと空いてるのかな?

まとめ

代々木公園初上陸の1歳8ヶ月娘。

子供用の遊具はありませんが、一緒に散歩して回るだけでも十分楽しんでくれていました。
特に今の季節は桜が咲いてて綺麗でしたね。

そして広大な敷地を歩き回ったせいか、この日の娘は夜もぐっすり寝てくれて助かった(笑)

0〜1歳の歩き始めの子、歩く練習をしている子でも楽しんでくれるスポットだと思います。