WOLFMANウェーブコーム(メッシュコーム)とKENT×BROSHニードルコームのレビュー

バーバースタイルのセットにかかせない「コーム(くし)」。

今回は対照的な2種類のコーム

  • WOLFMAN ウェーブコーム
  • KENT×BROSH ニードルコーム

を紹介していきます。

WOLFMAN ウェーブコーム

まずは「WOLFMANウェーブコーム」

両面に「粗い目」と「かなり粗い目」の2種類。
このような目の粗いコームは一般的に「メッシュコーム」と呼ばれています。

手軽に髪の流れを作る事ができて、サイズ感もちょうど良い。
筆者も重宝しているコームです。

現在、世界的にこの「メッシュコーム」を使った束感のあるナチュラルなセットが最も人気ですね。

引用 : https://www.menshairstylesnow.com/how-to-style-a-modern-pompadour/

KENT×BROSH ニードルコーム

続いて「KENT×BROSHニードルコーム」

目の細かい部分はこんな感じ。
コームの根元にギザギザがあり、細かい毛まで逃さずキャッチ出来ます。

反対側には5本のニードル。
セットの序盤、髪を根元から持ち上げたい時に使用すると良いです。

どちらかというとクラシックなスタイル、リーゼントやトサカを作ったセットをしたい方に良いでしょう。

引用 : https://gurilla.net/taper-fade-haircuts/

まとめ

コームで迷っている方がいたら、とりあえずWOLFMANウェーブコーム(メッシュコーム)を選ぶと良いかと思います。
使いやすく、大体のバーバースタイルはこれ1つで完結出来るでしょう。
筆者もセットは毎回このWOLFMANウェーブコームしか使ってません。

KENT×BROSHニードルコームの方は、もう少しクラシックなバーバースタイルを楽しみたい方にいいと思います。
そういう意味では、やや上級者向けかな?という感じ。

使うコームによってセットの印象もかなり変わってきます。
自分に合ったコームを見つけてをお楽しみ下さい。