ミニ四駆世代必見!「ミニ四駆超速グランプリ」アプリがかなり面白かった

最近やたらとバナー広告が出てくる「ミニ四駆超速グランプリ」アプリ。

筆者
ミニ四駆か〜懐かしいな〜試しにダウンロードしてみるかっ

って事でやってみたところ、かなり面白かったです。

レビューやアプリの進め方等について書いていきます。

ミニ四駆ブームについて

まずはミニ四駆ブームについてまとめてみます。
大きく分けて「ミニ四駆第1世代」「ミニ四駆第2世代」があります。
ちなみに筆者は第2世代ど真ん中。

ミニ四駆第1世代

「ダッシュ!四駆郎」世代。
1988年にコロコロコミックで連作スタートし、1989年にテレビアニメ放送開始。

ミニ四駆第2世代

「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」世代。
1994年にコロコロコミックで連作スタートし、1996年にテレビアニメ放送開始。

 

ちなみにアプリ「ミニ四駆超速グランプリ」では、第1世代と第2世代どちらも楽しめるよう、両方のキャラクターが登場。
第2世代の筆者からすれば「なんだこのキャラクターとマシンは?」ってのも結構あるが、それもそれで面白い。

ミニ四駆超速グランプリ」アプリをやってみる

アプリを立ち上げると、こんなオープニングが流れます。

うわーーw
おっさんの少年心をくすぐってきやがるw
ただいま。

 

その後はチュートリアルが始まります。

自分のマシンをレースで走らせるには、スイッチを入れてスタートのシグナルとともにスマホから指を離す。

チュートリアルレースが終わると、好きなマシンを1つ選べます。
ミニ四駆第2世代の筆者は、もちろん「マグナムセイバー」を選択。
レースを終えると、パーツやらコイン(パーツを買うお金)やらを獲得出来ます。
ちなみに獲得したパーツは「開封する」をしないと使えません。
効果音と共に、パーツを開封する時のあのワクワク感が蘇る。
獲得したパーツは自分のマシンにセッティング出来るほか、「肉抜き」「カラーリング」等も自在に改造出来ます。
まさに本物さながら。
ボディーを「ビークスパイダー」に変え、「肉抜き」「スタイリングメッシュ」改造してみました。
かっこいい〜w
※見た目を重視した為、このマシンが早いかは不明(笑)

「ミニ四駆超速グランプリ」アプリの進め方

「マシン改造 → レース出場 → パーツ獲得」を繰り返し、どんどん自分のマシンを強くしていきます。

主なレースは、以下の3種類になります。

①ミニ四ワールド

烈や豪、四駆郎ら往年のキャラクターと対戦出来ます。
自分の「ウデマエ」がUPしていくにつれ、どんどん強敵と戦えるように。
まずはこの「ミニ四ワールド」を進めていく事が最優先でしょう。

②超速グランプリ

シーズンごとに変わるコースにエントリーし、他のユーザーとタイムを競い合います。
操作の必要はなく、レース結果は定時で自動発表されます。

③みんなでミニ四駆

友達と対戦出来るモードです。
「コースエディット」で作成した、自分オリジナルコースを使用する事も出来ます。

まとめ

リアルなミニ四駆を忠実に再現した、クオリティーの高いアプリです。
「モーターの音」「パーツを開ける音」「マシンを改造する音」など効果音にもかなりこだわってるので、音ありでアプリを進めるのがおすすめ。

難点としては、カスタム度が高く、出来る事が色々とありすぎるが為に、アプリの仕様に慣れるまでは結構ややこしいんじゃないかと思います。

ただやはりこの「ミニ四駆超速グランプリ」“本気で作った感”が強く、ミニ四駆世代は胸熱必至のアプリでしょう。

【ミニ四駆超速グランプリ 公式サイト】