メンエグ世代懐かしのアイテム「レッドウィング」を数年ぶりに手入れしてみた

先日、靴箱を整理していたら発見した、メンエグ世代懐かしのアイテム「レッドウィング」のブーツ。

買ったのは15年くらい前になりますが、最後に履いたのいつだろう?間違いなくここ5〜6年は履いてないし手入れもしてない。

筆者
10代のころ頑張ってバイトしたお金貯めて買ったな〜w
なんて懐かしさに浸りながら、久々に手入れしてみました。

手入れ前の状態

ひも穴から吹き出てる緑の物体はカビなのか・・・

革が乾いてしまってカピカピな状態に。

ソールは、すり減っては交換を何度か繰り替えしてます。

手入れスタート

用意したものはこちら。

  • ミンクオイル
  • ブラシ
  • レザークリーナー
  • 布(クロス)

※メンテナンス方法はレッドウィング公式を参考にしています。

①ヒモを外してブラシと布で汚れを取る

まずはヒモを外して、「ブラシがけ→濡らした布で拭き取る」の順で表面の汚れをキレイにします。

この状態で、革が乾くまで日陰で放置。

②レザークリーナーで強い汚れを除去

汚れが強い部分にはレザークリーナーを使い、表面に浮かび上がってきた汚れは布などで拭き取ります。

レザークリーナーは革の寿命を縮めるので、あくまで汚れが酷い部分のみに使用します。

ちなみに筆者が使っているレザークリーナーはレッドウィング純正の物ですが、何年も前に購入した物で今は販売してないっぽいです。

変わりに、さらにクリーニング力をアップさせた「フォーム・レザークリーナー」ってのが売ってるようです。

③ミンクオイルを塗りこんでいく

布とブラシを使ってミンクオイルを塗りこんでいきます。

塗り終わったら半日ほど陰干しし、最後に布で拭き取りながらオイルを馴染ませる。

洗っておいたヒモを通して完成!

手入れ前後の比較

前から

Before

After

横から

Before

After

後ろから

Before

After

しっとりとツヤが出て、革が生き返りました!

まとめ

このレッドウィングを買った10代の頃、

筆者
30のおっさんになってボロボロになっても履くわ〜www

とか言ってたけど、あっという間に32歳のおっさんになってしまいました(笑)

しかしレッドウィングの方は、ボロボロどころか味が出てかなり渋い感じに。
使えば使う程、自分色に味が出てくる革製品ってやっぱいいですね。

大事に手入れさえすれば、いつまでも履けるんじゃないか?
とりあえず次の目標は、40のおっさんになっても履くわ〜w