風しん抗体検査を受けてきた!検査方法は?費用は無料?

  • 2020年2月3日
  • 2020年2月3日
  • 健康

先日、風しん抗体検査を受けてきました。

自治体が指定する医療機関なら費用は無料。
※住んでる地域によって異なりますが、大体無料で受けれるっぽいです。

検査方法と結果

採血して検査します。
結果がわかるのは1週間後らしい。

風疹の抗体がない事が判明し、予防接種を受けるとなればワクチンを取り寄せるのにさらにそこから1週間程かかるとの事。

ちなみに筆者が住んでいる調布市では、検査は無料だが予防接種はお金がかかるよう。

  • 麻しん風しん混合ワクチン 4,000円(8,297円のうち市助成額4,297円)
  • 風しん単抗原ワクチン 3,000円(6,223円のうち市助成額3,233円)

筆者は風しんにかかった記憶はないし、時間かかるなら最初から予防接種受けちゃった方が良かったかな〜と思いながら1週間待つ。

〜〜〜〜〜1週間後〜〜〜〜〜

再び病院へ。

筆者
こんにちは〜
先生
こんにちは。検査結果としては、渡辺さんは十分風しんの抗体がついてるので大丈夫ですよ。
筆者
(えっ?!)そうなんですか。実は子供の頃一度かかってたりしてるんですかね?
先生
ん〜まぁそれもありますし、過去に風しんに感染していても症状としては発症せずそのまま抗体がついたりとかって事もあるんですよ。
筆者
なるほど〜

ちなみに筆者が行なったのはHI法という検査方法で、風しんウイルス抗体価倍率の数値を見て抗体が充分かどうかが判断するそう。

数値の基準はこんな感じ。

8倍未満免疫を保有していないため、風しん含有ワクチンの接種を推奨。
8倍・16倍風しんの感染予防には不十分。
風しん含有ワクチンの接種を推奨。
32倍以上風しんの感染予防に十分な免疫を保有していると考えられる。
風しん含有ワクチンの接種は、基本的に必要なし。

筆者の結果はというと、

128倍w

まぁとりあえず良かった良かった(笑)

まとめ

自治体にもよりますが、多分ほとんどの場合検査自体は無料で受けれるっぽいです。
まぁこういうのって面倒だし、仕事が忙しかったりするとなかなか行く気にならないですけどね。
近所の医療機関で血を抜くだけで調べられる事なので、まだの方は一度検討してみてもよいかと思います。