WordPressサイト量産したいならMySQL数無制限のmixhost

エックスサーバーにてWordPressサブドメインサイトを量産していた筆者が、MixHostと契約したまでの経緯です。

 

エックスサーバーは1つのドメインを複数アカウントで使用出来ない

エックスサーバーは、同一ドメインのサブドメインは最大で70個までしか作れません。

これはどういう事かと言いますと、

エックスサーバー アカウントA
aaa.xserver.ne.jp
bbb.xserver.ne.jp
ccc.xserver.ne.jp


MySQLデータベース数が最大の70個(X20 / X30プラン)に達する

エックスサーバー アカウントB
ccc.xserver.ne.jp
ddd.xserver.ne.jp
eee.xserver.ne.jp

が、出来ない。

という事ですね。

「上限の70個までいったら1個サーバーアカウント作ればいいっしょ〜」と余裕こいていた筆者は面を食らう。

mixhostならMySQL数が無制限

そこで契約したのがMixHost 。なんとMySQL数が無制限です。つまり、WordPressサイトを無限にインストール可能。(もちろん容量の制限はあります)

これは筆者のようにWordPressサイトを量産する必要がある者にとっては非常にありがたすぎる。

ちなみにプラン内容ざっくりとこんな感じ。

 スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ
初期費用無料無料無料無料無料
月額費用(36ヶ月契約時)880円1,780円3,580円7,180円14,380円
ディスク容量SSD 150GBSSD 250GBSSD 300GBSSD 400GBSSD 500GB
メモリ4GB8GB12GB16GB32GB
MySQL無制限無制限無制限無制限無制限

mixhostを使ってみた感想

WordPressサイトを量産する人にとってはコスパ抜群の神サーバーです。
今のところスタンダードプランでも全く問題なく、体感的な通信速度や安定性もエックスサーバーと遜色ないように感じます。

ただやはり、管理画面の使いやすさとサポート体制は

wpX > エックスサーバー >>>>> mixhost

くらいの開きがあるでしょう。

その為、全くの初心者が初めて使うサーバーとしてはやや敷居が高め。

初心者で、WordPressサイトを1個〜数個程度作成するならwpXやエックスサーバー。大量に作成する中級者以上はMixHostがオススメ。

続いてmixhostの使い方を書こうかと思っていたのですが、こちらの記事にめちゃめちゃわかりやすくまとめてあったのでやめました(笑)

参考にどうぞ。